めめ子の認められたい人生

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めめ子の認められたい人生

ライターM は ぼうそう した! かってに ブログを たちあげた!

自称ライターMが勝手にブログを立ち上げた話

 

皆様、梅雨のアフタヌーン満喫しておられますでしょうか。自称ライターめめ子です。

わたくしの地域はばりばり警報が出ております。引きこもる口実になるので悪天候は割と大歓迎なのですが、なにせ日本の地盤が心配です。防災バッグフル装備で非難の準備はされておいてくださいね。

 

この度ご縁をいただきましてwebにて文章を書かせていただくことになりました。

まずは皆様にわたしのことを知っていただきたいので、30秒ほどお時間を下さい。

 

 

 

めめこ(自称ライター)

 

f:id:meeeemeko:20160629122333j:plain

( ↑ iPhoneで2分で描いた自画像 )

 

  • ゆとり世代の悲劇と揶揄される年に生まれた、20代女です。西日本に在住しております。
  • 「何系女子にもなれる系女子」で、相手が求めるわたしになることが出来ます。にゃんにゃん系からサバサバ系、頭ゆるゆる系からバリキャリ(死語?)系まで。本当のわたしはどこにあるのでしょうか。本当のわたしは根暗の引きこもりです。
  • 語学が好きです。勉強大好きです
  • 承認欲求が強いです。とにかく認められたいです。生きる理由も、働く理由も、文章を書く理由も、それだけなのです。
  • 頭も体もかたいです。どちらも非常にかたいです。わたしといっしょに仕事をしようなんていう人の気が知れません。わたしと友達でいてくれる人たちの気も知れません。誰にも頭が上がりません。
  • 座右の銘は、「諸行無常」「人間万事塞翁が馬」「迷惑をかけろ」です。
  • プライベートで色々ありまして母性大爆発中です。更年期ではないです。まだ20代です
  • とにかくモテます。嘘です。すいません。

 

なんだか、読んでいるうちに鬱になりそうな自己紹介になってしまいましたが、気を強く持ってください。もう少し詳しく知っていただけるという方は、あと 100秒ほどお時間をいただけると幸いです。(既に頭が上がりません)

 

 

 

 

 

f:id:meeeemeko:20160629122333j:plain

 

みなさんはご存知でしょうか?あの悲劇の年を・・・。

 

 

1992年、生まれたと同時にバブル崩壊

生まれる直前の1991年。日本経済の一大転換点であるバブル崩壊が到来し、この世に生を受けてからずっと不況の時代を生きていく。1992年生まれの悲劇はここから始まった。
1997年、消費税アップ

5歳、物心がついたころに消費税が3%から5%になり、一気に消費者の購入意欲が減退。小学校入学前の子供にとっては物を買うことすら大変になる。さらに不況の時代が続く。郵便番号が5桁から7桁に増えたのもこのころだった。
2002年、ゆとり教育を受ける

小学校4年生の2002年からゆとり教育が始まり、教科書から台形の面積がなくなり、円周率がおよそ3になった。これによって1992年度生まれは世間から「ゆとり世代」のレッテルを貼られることになる。
その後2011年から脱ゆとり教育が実施され、1992年度生まれは年上からも年下からもゆとり世代と蔑まれる存在になった。
2008年、高校入学式に爆弾低気圧

2008年4月、高校入学式の日に台風並の爆弾低気圧が直撃し全国的に大雨。新しい制服がびしょびしょになってしまった。
2009年、修学旅行に新型インフルエンザ

2009年6月、一部地域では高校2年生の修学旅行の時期に新型インフルエンザが大流行。旅行の中止・延期・行き先変更になる高校が続出した。
2011年、高校卒業時期に東日本大震災
2011年3月11日、巨大津波が来たり原発事故が起きたり魔法少女まどか☆マギカの最終回が延期になったりしたあの東日本大震災が発生。これによって高校卒業式が延期になったり、大学入試の日程が変更されたり、大学入学式が自粛されたりする事態になった。
2013年、成人式に大雪

そして2013年1月14日、多くの地域で成人式が行われた中、全国的に大雪・大雨となり、人生の記念すべき日がまたしてもあいにくの天候不順に見舞われることになった。振袖の女性は足が冷たくて歩きにくかっただろう。なお、天候不順が常識の上、成人式の日取りが春・夏に分散することも多い北陸・東北・北海道については気にしないものとする。しかし数々の天災を乗り越えてきた1992年度生まれの人の間からは「ホワイト成人式」という用語も誕生したりしてポジティブにとらえる見方もあった。

2009年、FIFAU-17ワールドカップで3戦全敗

2012年のロンドンオリンピックでは44年ぶりのベスト4進出と躍進するが、1992年生まれの選手はガンバ大阪宇佐美貴史選手とセレッソ大阪杉本健勇選手の2人しか選ばれず、しかも2人とも控えで出場機会は少なかった。そして、2014年のFIFAワールドカップブラジル大会の日本代表には1992年生まれの選手は1人も選ばれなかった。結果的に2005年のU-13以降結果を残しておらず、プラチナ世代と呼ぶことを疑問視する人も多く、1992年生まれは不作の世代だったと言われることが多い。

現役東大合格率最低

1992年度生まれは学力も低く、東大の現役合格率は近年最低だった。もちろん、前述の東日本大震災による影響もある。数学オリンピックのメダルはたったの3個。2010年は数学オリンピックの日本代表も1・2年生中心だった日本が獲得したメダル5個のうち3個は1・2年生で、1992年度生まれの高校3年生が獲得したメダルはたったの2個だった。2009年の2年生のメダルは1個のみで、1992年度生まれの3年間メダル数はたったの3個。1つ上の1991年度生まれが好成績を残しただけにあまりに情けない結果だった。(出典;悲劇の世代

 

 

 

 

・・・はい、書いていて悲しくなりました。

その他にもスポーツ、芸能、声優、なんと鉄道まで!92年生まれの子はやることなすこと何もかもがうまくいかなかったようですね・・・。わたしの人生振り返ってみましても心当たりしかありません。

 

 

 

ここで、わたしの経歴をすこし。

 

4歳の頃、ポケモントランプの数字、マーク、絵柄(1枚1枚すべて違うポケモンが描かれている)の組み合わせを全て暗記する。「ハートの1は?」「フシギダネ!」「じゃあピカチュウは?」「ダイヤの9!」といった具合。スーパー幼児の素質を見せつける。おねしょ癖だけは治らなかった。

小1、そろばんを習う。成績は良かった。色々と引っ越しを経験する。

中学時代は堂々の成績を誇る。学級委員さんとかやってた。真面目で純粋すぎて今振り返ると行動が酷かった。愛読書は、アインシュタイン相対性理論を解説した本。読んでた理由は、「ドヤ」したかっただけ。内容はいまだによく分からない。最近量子論とか出てきたね。全く分からない。理解する頭脳を持ち合わせている人はこれを読んで私に教えてください→「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫) あとは、漢検とか英検とか好きで2級とった。

高1、周りからのごり押しで、地元の進学校へ進学する。も、数か月で挫折。実は中3の冬頃から勉強に飽きていた。そのまま同校定時制へ編入。

その後の高校生活はフィーバーしてしまった。出席日数単位数を綿密に計算して、非常に効率よく通学した。しかしここで思いがけず一生の友を得る。しかもたくさん。

公立高校卒業後、医学部看護科へ進学。勉強は好きだったので成績は良かった。しかし、可愛げがなかったため病院内の人間関係が上手くやれない(ここらへんが、ザ・92年って感じでいいよね。同期は超仲良かった)。勉強がしたかっただけのわたしは意地でしがみつくが、引き換えに健康体を持っていかれ、入院。除籍処分。卒業まであと数か月での出来事。(ちなみに同期の中退率は凄まじかった。嗚呼92年)

その後はアパレル業界に身を置きながら語学のスキルを磨いたりしながら過ごした。

語学のスキルが磨かれていく中で気付いたことは、(根暗なのに)語学を勉強することは(結局誰とも会話できないのだから使う時がない。故に)意味がない。こんなん笑うわ。めっちゃ面白い人生送ってると自分では満足しております。

 

92年の希望の光はもはやきゃりーぱみゅぱみゅちゃんだけです。めめ子はきゃりーちゃんを応援しています。

 

 

諸行無常」「人間万事塞翁が馬」「迷惑をかけろ」です。

え、座右の銘って一個に絞らなきゃいけない系ですか?だったらごめんなさい。

 

とにかく、いまがどんな状況でも、それは永くは続かないんです。明日には全く状況が変わるかもしれない。だから人生は面白いんですね。神ゲーですよね、人生は。

そして、迷惑っていうものは、どんどんかけていいんです。そうして学んで成長するんです。ただし、自分が迷惑をかけられても誠意ある対応をしろってことですよね。

これは確かインドの諺だったと思います。仏教の教えってやっぱりすごい。平和だ。人は、人の間でしか生きられない。迷惑という言葉は果たしてマイナスな言葉なのか?言葉のもつ意義っていうものは主観にしか過ぎないですが、わたしはこれを座右の銘に掲げています。(好き勝手して生きろっていう意味じゃないよ!利己的なのはいつの時代もだめだ!)

 

 

あとはそうですね。とにかくモテます。まあ嘘ですけどディズニーの観すぎなのか顔がディズニーキャラ寄りになってきていると言われます。ディズニー大好きです・・・。純粋に物語に込められた意味も好きですし、清廉潔白なプリンセスも、動物たちも、すべてが好きです。ただ、某巨大秘密結社を意識して観るとなお良し◎です。

 

 

と、簡単に書いてはみましたがまあ100秒で読める内容でなかったことは確かですね。そうです、話が長いんです。

それもこれも承認欲求のせいです。1秒でも自分の尺にしてやろうとかいうそういうのが見え隠れしていますね。すいません。

 

ああ、認められたい。

 

 

今回参考にさせていただいた書籍たちはこちら

 

 

 

 

ライター:めめ子